PC不調

年末からのPC不調が相変わらず続いている。

年末のマザーボード交換でいったん落ち着いたものの2月中旬あたりから
またブルー画面が頻発するようになり、とうとう再起動しても画面が映らなくなった。
またマザーボード?と思いつつ、最小構成にしたら、とりあえず画面は映ったので、これは電源だと判断し、新調したのが先週末。

一旦快調になったものの、またブルー画面頻発から画面が映らなくなるいつもの症状へ。

理由は?だけど、なんとなくレガシーデバイスを撤廃すればと思い、3台つないでいるうちの1台のIDEのHDDをはずし、FDDもはずして起動してみると快調快調!!


箱あけたままネット徘徊して耐久テスト。
たまたま目にしたこの記事でもしやと思い、記事中で紹介されているソフトをインストールしてみると・・・

CPU82℃、マザーボード80℃・・・

そっか、CPU82℃、マザーボード80℃・・・か・・・って
え~~!!!!!

何じゃそりゃっとまだ出しっぱなしの扇風機で強制冷却し、とりあえず50℃
ぐらいまで下げた。。。サブィ~

盲点であった。
クロックアップとかしていないし、今まで熱暴走の経験ないのでまったく疑っていなかったけどそういえばこないだ電源交換のついで?にCPUにグリス塗ったけど超いい加減に山盛りグリスだったし。。

急いでフロント用の吸気ファン90mmとグリス買ってきてまたまたマザーまで取り出し、グリス塗るためにCPUファン外し、ファンのほこりでもきれいにしようとよく見てみると・・・・

ルッチさんの毛がびっしりとファンとフィンの間に挟まって断熱材状態になっているではありませんか、これじゃ冷えないわ。

そんなこんなでエアフロー改善してくみ上げた結果がこれ。
PC20120305.jpg


これで問題ないでしょう。



しかししかしやはり時々ブルー画面が出る。
まー再起動したら普通に起動するけど。
でもあの温度で使い続けていたとしたらマザーボードもメモリーもCPUも
相当ダメージ受けているはず。


落ち着いたらセットでi3ぐらいにUPするか。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック